「妊娠」カテゴリーアーカイブ

【母子手帳のもらい方とタイミング】名古屋市

妊娠おめでとうございます!

産婦人科ってなんだか“ドキドキ”緊張しますよね!赤ちゃんがお腹の中に居るか確認する時って“ワクワク”しますよね!

今回は、名古屋市の母子手帳のもらい方についてご説明します。

私の1番上の子の時は大府市だったのですが、名古屋市の母子手帳は横が約13㎝で縦が約18㎝と少し大きめです。

まず、もらうタイミングです。

タイミングですが、正確に“いつ”とは決まっていません。

一般的には、赤ちゃんの心拍が確認でき、出産予定日が決まる妊娠6週〜10週だと言われています。

ほとんどの場合、医師や看護師さんから次の検診までに母子手帳をもらってくるように案内されます。

母子手帳を正確にもらえる時期が知りたい方は直接、医師や看護師さんに聞いてみるといいですね!

 

次に、もらい方です。 

産婦人科で「妊娠届出書」をもらいます。妊娠届出書をもらったら保健センターに行きます。

保健センターに行く時は

  • マイナンバーカード
  • 運転免許証や保険証などの身分確認証明書
  • 妊娠届出書

この3つが必要です。

保健センターでは、母子手帳の他に妊婦健診や乳児健診、歯科検診などの補助券がついた別冊の「母と子の健康のために」やマタニティマークなどがもらえます。

子育て家庭優待カードの“ぴよか”も別冊に付いています。

もし、体調が悪くて妊婦さん本人が保健センターに行けない場合でも委任状等が必要になりますが、ご家族の方でも手続きができます。

また、母子手帳をもらう時には保健師さんによる相談、両親学級の紹介や子育てに関する制度のお話しもあります。

私は、保健センターに行ったら母子手帳をもらってすぐに帰れると思っていたので、とってもバタバタしてしまいました。

保健センターに行く時は、時間に余裕を持って行くようにしてくださいね。

詳しくはこちらをご覧ください。

 

 最後まで読んでいただきありがとうございます。