妊活から子育てについての情報を発信していきます

日常

ラップにも添加物が入ってる⁈意外と知らないラップの種類

皆さん、ラップは使っていますか?

私の家庭では、離乳食の保存・残ってしまったおかずの保管・たくさん炊いたご飯の冷凍などに、ラップは大活躍しています。

色々なシーンで活用するラップですが、ラップにも「無添加」があるんです!

ラップ売り場に行った時は、価格やサイズだけでなく、ラップの原料についてもチェックしてみてください。

ラップの種類

ひーよん
ひーよん
最近は種類も豊富で迷っちゃうわね。
上手く・気持ち良くラップが切れるかが重要よね!
ママ
ママ
ひーよん
ひーよん
本当にそれだけでいいの?一度ラップの裏側を見てみて。

ラップはいくつかの種類に分けることができます。

家庭用で販売されている物は「ポリ塩化ビニリデン製」「ポリエチレン製」がほとんどです。

業務用に使用される物の中には、「ポリ塩化ビニル製」もあります。

注目したいのが、この種類の中でも「塩化」とつく物です。

この「塩化」がついているビニル製品は燃やすとダイオキシンを発生させます。

ラップを選ぶときには、まず原料をチェックして、「ポリエチレン製」を選びましょう。

ラップの添加物

ラップの「無添加」って何?
ママ
ママ
ひーよん
ひーよん
食品では「無添加」ってよく表示されてるでしょ?ラップにも「無添加」があるの。
そうなの⁈知らなかった!
ママ
ママ

ポリエチレン製の中でも、さらにチェックしたのが、添加物です。

ラップに添加物が入っているというと、あまりイメージができませんが、使いやすさを重視して添加物を入れている物もあります。

特に注意したいのが「脂肪酸誘導体」「エポキシ化植物油」です。

まず「脂肪酸誘導体」とは、ラップをやわらかくする柔軟剤のような働きをしています。

しかし、この脂肪酸誘導体とは物質が特定できず、危険な合成界面活性剤の可能性もあります。

添加物は使用目的によって、名前の変更もできてしまうので、きちんとした特定ができないのがリスクです。

次に「エポキシ化植物油」は安定剤として使われています。

植物油というと安全性の高いもののイメージがありますが、化合物の可能性もあります。

一般的に大豆油をエポキシ化したもの主原料とされていますが、大豆も遺伝子組換えやポストハーベスト農薬の使用された物の可能性もあります。

このような添加物を使用していないのが、「無添加ラップ」です。

つまり、まとめると「ポリエチレン製の無添加ラップ」を選ぶのが、一番安全で安心できるということです。

ポリエチレン製のラップの弱点

ポリエチレン製の無添加ラップには弱点もあります。

安定剤や柔軟剤などの添加物が入っていないので、お皿にくっつきにくいと感じる人が多いです。

ラップ同士はくっつきやすいので、大きめに切って、お皿を包み込むようにするとくっつきやすくなります。

また、切りにくく感じる人もいます。

これは、ラップを切るときにふたを閉じて箱を下に向けるようにして切ると、きれいに切りやすくなります。

さらに困るのが、温めていたら溶けてしまうということです。

塩化ビニル製品に比べると、耐熱性に弱いのがポリエチレンです。

溶けて食品に触れてしまうのが心配な場合には、深めの容器に食材を入れて、ラップと食材がくっつかないように工夫してみてください。

ラップの使い方を見直そう

ラップは、とても便利な物ですが、安全性が不安な商品もたくさんあります。

しっかり原料などをチェックして、安心して使える物を選ぶようにしましょう。

また、繰り返し使うことができる、レンジ用のフィルムふた付き容器もあります。

ラップを使わなくても保存ができるような工夫をしてみると、安全性だけでなく、環境面でも良いですよね!

みなさんも、ぜひ上手に使い分けてみてください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ひーよん

名古屋市在住、3姉妹ママのひーよんです。 ママの強い味方になりたいと思っています。 よろしくお願いします。

-日常

Copyright© ひーよんの部屋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.