育児

子ども用歯磨き粉はCheck-Upで決まり!むし歯知らずを目指して




私は長女を2歳でむし歯だらけにしてしまいました。

歯磨きの時に嫌がったり、泣いたりしたら諦めて歯磨きをしていなかったからです。

今思うと、粘り強く頑張って歯磨きをしてあげていれば良かったなと後悔しています。

長女はむし歯になってしまいましたが、次女こそはむし歯にしないぞ!と心に固く誓いました。

私なりに、頑張って歯磨きを続けた結果、次女は4歳になった今でもむし歯はゼロ!長女も歯医者に行き、治療してから6歳になった今でもむし歯はゼロです!

歌を唄いながらでも、変顔してでも、YouTubeで歯磨きの動画を見せながらでも、座ったままでも、立ったままでも、歯磨きをしてくれて、むし歯がゼロなら私は後悔しません。

そんな私の経験から、おすすめの歯磨き粉をご紹介します。

それは…

フッ素配合・低研磨・低発泡・低香味で白色のソフトペーストの歯磨き粉

ライオンのCheck-Up という商品です。

まず、口を水でゆすげる子はこれ!

ライオンのCheck-Up kodomoがおすすめです!

ライオンのCheck-Up kodomoはフッ素の濃度が950ppmfと高いので、口の中がゆすげるようになってからの方が良いとされています。

香味は、いちご・りんご・ぶどうの3種類です。私の子どもたちは、今日はこれ~!と自分たちで味を選んで歯磨き粉を持ってきてくれます。

効果的に歯磨きをするためには、歯ブラシにのせる量は子どもの年齢によって少し違います。

6ヶ月~2歳は3㎜

3~5歳は5㎜

6~14歳は1㎝

15歳以上は2㎝

1回の歯磨きで、歯磨き粉はたったこれだけの量でいいんです!

しかも、歯磨きしたあとは大さじ1のお水で5秒間1回すすぐだけです!

私は今まで、歯ブラシに自分の感覚の量で歯磨き粉を出して、口をゆすぐ時もコップにたくさん水を入れ、3回くらいグチュグチュッペしてね~と子どもに教えていました…。

大間違いでした。

たくさん歯磨き粉をつけすぎると、すすぎ残しになってしまったり、水で何回もゆすいでしまうと、せっかくのフッ素の効果もなくなったりしてしまうそうです。

次に、うまく水で口の中をゆすげない子はこれ!

フッ素配合・無研磨・低発泡・抵香味で透明のジェルタイプの歯磨き剤

ライオンのCheck-Up gelのバナナ味がおすすめです!

ライオンのCheck-Up gelのバナナ味はフッ素の濃度が500ppmfで、6歳未満に適した商品になっています。歯磨きの後は、水で濡らして固く絞ったガーゼなどで優しく拭き取ってあげてくださいね。

このライオンのCheck-Up gel、6歳まではバナナ味だけなのですが、6歳からはピーチ・グレープ・レモンティーの3つの味と、15歳からはミント味もあります。また、矯正治療中などのむし歯になりやすい時には、いつもの歯磨きにプラスして使うとより効果的です!

皆さんも、大切なお子さんのために歯科医で定期検診を受け、歯磨きをしてあげるときにはぜひ参考にしてみてください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ひーよん

名古屋市在住、3姉妹ママのひーよんです。 ママの強い味方になりたいと思っています。 よろしくお願いします。

-育児

Copyright© ひーよんの部屋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.